Powered by

AVS Video Converter
AVS Video Converter v.6
ダウンロード

バージョン:  6.4.4.420
リリース日:  6/17/2010
サイズ:
52.20 MB
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Video Converter

Blu-ray ファイルの作成と BD の書き込み

AVS Video Converter のメイン ウィンドウ - Blu-rayに

Blu-ray ディスクを書き込むには、BD の作成に必要な形式にビデオ ファイルを変換する必要があります。

  1. メイン ツールバーにある [Blu-rayに] ボタンをクリックします。
  2. 上の [ブラウズ...] ボタンをクリックして、入力ファイルを読み込みます。
  3. 出力ファイル名を入力します。
  4. 必要な Blu-ray プロファイルを選択します。
  5. [編集] ボタンをクリックし、必要なエフェクトを追加します。
  6. [詳細設定>>]入力ファイル出力ファイルのプロパティを参照して、目的の結果になっていることを確認します。
  7. [今すぐ変換!] ボタンをクリックします。
  8. 出力ファイルが大きすぎる場合は、ディスク選択ウィンドウが開きます。

[Select Blu-ray Disc Type (Blu-ray ディスクの種類の選択)] ウィンドウ

ムービーを 2 層式ディスクに記録することもできます。その場合は、[2層 Blu-ray ディスク] オプションを選択し、[はい] をクリックします。ファイルが大きすぎて 1 枚の 2 層式ディスクに収まらない場合は、[1 枚のディスクに圧縮] または [2 枚のディスクに分割] オプションを使用できます。最初のオプションの場合は、1 枚のディスクに収まるようにビデオが変換されますが、品質は低下します。ムービーをディスクに書き込む前に、品質が十分かどうかを確認してください。

BD ドライブが 2 層式 Blu-ray ディスクをサポートしていない場合は、変換後のムービーを 1 枚以上の 1 層式ディスクに記録できます。この場合は、[標準的な Blu-ray ディスク] を選択し、BD 記録のオプションとして、[2 枚のディスクに分割] または 1 枚の Blu-ray ディスクに収まるように [1 枚のディスクに圧縮] のいずれかを選択します。

注!: この場合は、品質が大幅に低下する可能性があるため、変換後のファイルを再生して確認してから、変換したファイルを Blu-ray ディスクに書き込んでください。
注!: ファイルを記録するには、2 層式 Blu-ray ディスクをサポートする BD-RE ドライブが必要です。詳細については、BD ドライブのマニュアルを参照してください。

次に、AVS Video Converter は、選択された Blu-ray プロファイルに基づいて、BD の作成に必要な形式に入力ファイルを変換します。BD を作成する場合は、出力ファイル名を設定せずに、1 つのフォルダを選択するだけにしてください。このフォルダには、Blu-ray の作成に必要なファイルを含むフォルダが格納されます。これらのフォルダは、BDMV および CERTIFICATE という名前になります。

注!: [標準的な Blu-ray ディスク][2 枚以上のディスクに分割] オプションを選択して Blu-ray ディスクを作成する場合は、出力ファイルのサイズが 23.28 GB を超えると、出力ファイルは、それぞれ 23.28 GB 未満の複数のファイルに分割されます。したがって、複数枚の BD に書き込む必要があります。
注!: 1 枚ごとに独自のメニューを作成できます。

次に、ディスクは、プログラムの内部書き込みエンジンを使用して記録されます。

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。