Powered by

AVS Video Converter
AVS Video Converter v.6
ダウンロード

バージョン:  6.4.4.420
リリース日:  6/17/2010
サイズ:
52.20 MB
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Video Converter

DVD ファイルの他の形式への変換および DVD のリッピング

DVD ディスクの構造DVD Audio ディスクの構造DVD ディスクの構造は複雑なので、一般に、DVD ファイルを変換すると問題が発生します。このページでは、DVD ファイルの処理を最適化するためのヒントを提供します。

Windows エクスプローラで DVD ディスクを開くと、通常は VIDEO_TSAUDIO_TS の 2 つのフォルダがあります。通常、AUDIO_TS フォルダは空です。DVD Audio ディスクの場合にのみ、VIDEO_TS.IFO、VIDEO_TS.BUP、VTS_01_1.VOB などのファイルの代わりに、AUDIO_TS.IFO、AUDIO_TS.BUP、AUDIO_PP.IFO、ATS_01_1.AOB などのファイルがあります。

VIDEO_TS フォルダには、BUPVOBIFO の各拡張子が付いたファイルが格納されています。AVS Video Converter は、VOB ファイルと IFO ファイルを使用します。VOB ファイルには、ビデオ ストリームとオーディオ ストリームが直接格納されています。これらのサイズが約 1 GB を超えることはできません。このため、ほとんどの DVD には複数の VOB ファイルが格納されています。通常、末尾が数字 0 である VOB ファイルはメニューで、ビデオ自体ではありません。たとえば、VTS_01_0.vob はメニュー ファイルです。

IFO ファイルには、ディスクの構造やチャプタの順序などに関する情報が格納されています。

1 つのタイトル セットを含む DVD (本編ムービー、付録、メニューが入った 1 つのディスク) を別の形式に変換する場合は、不正なファイル読み取りや出力ファイルでのオーディオとビデオの非同期が発生しないように、次の手順を実行することをお勧めします。

1 つのムービーを含む DVD の変換

ステップ 1

DVD ディスクから直接変換することもできます。入力ビデオ ファイルを参照する場合は、DVD ドライブを選択し、VIDEO_TS フォルダを開き、VIDEO_TS.IFO ファイルを選択します。名前の末尾が 0 のファイルはメニュー ファイルなので、選択しないでください。IFO ファイルはビデオ ストリーム全体に適用されますが、個別のチャプタには適用されないため、IFO ファイルを選択することをお勧めします。

注!: [ファイルの種類(T):] フィールドでは [All video files] が選択されていますが、混乱しないように、実際には VOB ファイルは含まれていません。

[入力ビデオ ファイルを開く] ウィンドウ

特に VOB ファイルを選択する場合は、ファイルの種類のリストで VOB を選択し、必要な VOB ファイルを選択してください。

注!: 1 つの IFO ファイルを参照せずに、VOB を個別に変換すると、出力ファイルでオーディオとビデオの非同期が発生することがあります。

ステップ 2

VIDEO_TS.IFO ファイルを選択したら、[詳細設定 >>] ボタンをクリックします。通常はディスク内のメイン ムービーに対応する最も長い DVD タイトルが選択されます。これは、[ビデオ] -> [トラック] ボックスの近くにあるドロップダウン矢印をクリックして確認できます。

ビデオ トラックの選択

ハードディスク ドライブに格納されているファイルを変換する場合は、VOB ファイルだけでなく IFO ファイルもコピーしてください。VOB ファイルを参照して変換する場合は、出力ファイルの同期が保証されません。

複数のムービーを含む DVD の変換

1 つのタイトル セットに複数のビデオが入っている DVD もあります。たとえば、ディスク内に複数のムービーがあり、それらがすべて 1 セットの VOB ファイルに入っている場合です。そのようなディスクの最初の IFO ファイル (VIDEO_TS.IFO ファイル) を開くと、デフォルトでは、AVS Video Converter によって最も長いムービーが選択されます。

DVD に複数のムービーが記録されていることがわかり、すべてのムービーを変換する場合は、[入力ファイル名] フィールドの横にある [ブラウザ...] ボタンをクリックします。[入力ビデオ・ファイルを開く] ウィンドウで、最初の IFO ファイルを選択し、[開く(O)] ボタンをクリックします。[詳細設定>>] で、[ビデオ -> トラック] ドロップダウン リストから最も長いタイトルを選択します。

[ブラウザ...] の下の [追加] [ビデオ・ファイルをリストに追加] ボタン ボタンをクリックします。開いたウィンドウで、VIDEO_TS.IFO を再度選択してプログラムにディスク構造を読み込み、[開く(O)] ボタンをクリックします。[詳細設定>>] で、[ビデオ -> トラック] ドロップダウン リストから 2 番目に長いタイトルを選択します。2 番目のムービーがプログラムに追加されます。残りのムービーに対しても同じ操作を行います。

複数のタイトルの変換

このようにして、タイトル セット内のすべてのムービーをコンバータに読み込みます。この捜査結果は、変換前に [入力ファイルの編集] ウィンドウで簡単に確認できます。

注!: タイトル セット内に複数のビデオを含む DVD があります。このような DVD についても、上の方法を使用して、1 つのタイトル セット内に複数のムービーを含むディスクと同様に処理できます。

読み込んだすべてのムービーは、1 つのファイルに変換されます。これらのムービーを個別のファイルに変換するには、次の手順を実行します。

  • 上の手順 ([追加] ボタンを使用し、異なるタイトルを繰り返し選択する) を使用して、すべてのタイトル (ムービー、エピソード、ビデオ クリップ) をコンバータに読み込みます。
  • メイン ツールバー[編集] ボタンをクリックして、[入力ファイルの編集] ウィンドウを開きます。
  • [マーカーのコントロール・パネルを表示] ボタン ボタンをクリックして、[マーカー] パネルを開きます。次に、[自動追加] ボタンをクリックし、[それぞれのクリップの始めに] オプションを選択して各タイトル (ムービー) の先頭にマーカーを追加します。
  • [はい] ボタンをクリックして変更を適用し、[入力ファイルを編集] ウィンドウを閉じます。
  • 次に、[分割] チェックボックスをオンにし、[マーカーで分割] オプションをオンにします。

[マーカーで分割] オプション

変換が完了すると、すべてのタイトルが個別のファイルに保存されます。

複数の言語を含む DVD の変換

多くの DVD は多言語対応です。このため、出力ファイル用のオーディオ トラックを選択するためのオプションが用意されています。必要なオーディオ トラックを選択するには、[<< 詳細設定] ボタンをクリックし、下のフィールドでコンボボックス内のオーディオ トラックを選択します。

[ファイル情報] タブ

VR モードで記録された DVD の変換

一部の DVD レコーダー (または DVD ビデオカメラ) は、VR モードで DVD に書き込むことができます。これらのファイルは、IFO ファイルを使用して変換できません。ただし、これらのビデオを AVS Video Converter に読み込むことはできます。それには、[入力ビデオ・ファイルを開く] ウィンドウの [VOB ファイル (*.vob,*.vro)] オプションを使用し、DVD_RTAV フォルダの VR_MOVIE.VRO ファイルを選択します。これで、DVD-VR ビデオが問題なくプログラムに読み込まれます。

VRO ビデオ ファイルの選択

その後、このビデオを一般の DVD ビデオ ファイルと同様に編集してから、サポートされている形式に変換できます。

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。