Powered by

AVS Video Converter
AVS Video Converter v.6
ダウンロード

バージョン:  6.4.4.420
リリース日:  6/17/2010
サイズ:
52.20 MB
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Video Converter

プログラム設定の調整

[設定] ボタンAVS Video Converter インターフェイスで、いくつかのプログラム設定を変更することもできます。それには、メイン ツールバー[設定] ボタンをクリックします。表示されたウィンドウでは、調整する設定に応じてタブを切り替えることができます。次のタブがあります。


[処理中] タブ

[設定] ウィンドウ - [処理中] タブ

このタブでは、ファイル変換に関連する設定を調整できます。次の設定があります。

  • 変換モード

    このフィールドを使用して、変換モードを選択します。

    • シングルスレッドの変換 - お使いのコンピュータがマルチスレッドをサポートしていない場合、またはハードウェア リソースの共有時にマルチスレッドが互いに干渉する可能性があるため、変換処理を安定させる場合は、このオプションを選択します。
    • マルチスレッド(利用可能な場合)- デフォルトではこのオプションが選択されています。お使いのコンピュータがマルチスレッドをサポートしている場合、特にマルチコア システムを使用している場合は、変換処理が高速に実行されます。さらに、シングルコア コンピュータでも、このプログラムは、バックグラウンドでタスクを実行しながらユーザー入力にも応答します。
注!: マルチスレッドを利用できるかどうかは、選択した出力形式によっても異なります。
  • スレッド

    システム内の変換処理の優先度を変更する (たとえば、変換処理を実行しながら、コンピュータでムービーを見たり、ゲームをプレイするなど、他のタスクを実行する) には、このフィールドを使用します。変換の優先度は、[最高][通常の以上][正常][通常の以下] の 1 つを使用して設定できます。デフォルトでは、[正常] オプションが設定されています。

注!

: ただし、メイン エリアの下部にある矢印ボタンをクリックし、[変換の優先度] オプションを選択して、ビデオ変換中に優先度を変更することもできます。

優先度の変更

  • サイズを変更

    このフィールドを使用して、[サイズを変更] タイプを選択します。ビデオ イメージ サイズ (高さや幅) を変更したり、縦横比を変更するために、画像のサイズ変更を行うには、このタイプが必要です。次のサイズ変更タイプがあります。

    • 最寄りの隣人 - 最も簡単なイメージ サイズ変更方法です。使用される処理能力は最小ですが、結果の画像品質も最低になります。処理内容について言えば、[最寄りの隣人] フィルタを使用してサイズ変更を行う際は、サンプル ポイントに最も近いピクセルだけを考慮し、周辺の他のピクセルは入力されません。この方法は、速度を重視し、品質を重視しない場合にのみお勧めします。
    • 双線形 - 少し高精度なイメージ サイズ変更方法です。速度と出力イメージの品質とのバランスが適度に保たれます。[双線形] フィルタを使用してサイズ変更する際は、サンプル ポイントに最も近い 4 つのピクセルの中心に基づき、それらの色値をサンプル ポイントからの距離に応じて線形補間します。この方法は、[最寄りの隣人] より高い計算能力を必要とします。この方法は、イメージを拡大したり、サイズを減らすことなく変形する場合に特に役立ちます。
    • 双三次 - 選択できる最も高精度なイメージ サイズ変更方法です。双三次 フィルタでリサンプルされたイメージは滑らかで、アーチファクトが減少します。反面、このフィルタにはより多くの計算時間と計算能力が必要です。

    コンピュータの構成、変換にかけることのできる時間などの条件に応じてサイズ変更タイプを選択し、適切なサイズ変更を行ってください。

  • コーデック
    • 可能な外部のaviコーデックをロード - デフォルトでは、このオプションがオンになっています。つまり、コンピュータにインストールされているサードパーティ製のコーデックがロードされ、ビデオ変換に使用できるようになります。このオプションをオフにすると、内蔵の AVS Video Converter コーデックのみが使用されます。
    • SWF ファイルにループを有効化 - デフォルトでは、このオプションがオンになっています。つまり、繰り返し再生される SWF ファイルが出力されます。このオプションをオフにした場合は、最後まで再生されると自動的に停止する SWF ファイルが出力されます。

[トップに戻る]


[サブタイトル] タブ

[設定] ウィンドウ - [Subtitles (サブタイトル)] タブ

このタブでは、自由に字幕を編集できます。次のパラメータを変更できます。

  • フォント - ドロップダウン メニューから字幕のフォントを選択します
  • サイズ - ドロップダウン メニューから字幕のフォント サイズを選択します
  • スタイル - [太字][イタルック][下線][輪郭線] から字幕のフォント スタイルを選択します
  • 並べる - ドロップダウン メニューから字幕の位置 ([下][上]) を選択します
  • - 字幕のフォントの色を選択します

プレビュー ウィンドウで、調整後の字幕の外観を確認できます。

[トップに戻る]


[環境] タブ

[設定] ウィンドウ - [環境] タブ

このタブでは、ファイル変換とディスク メニューの作成処理中に生成される一時ファイルの保存先ディレクトリを選択できます。[ブラウズ...] ボタンをクリックすると、現在のフォルダを変更できます。デフォルトでは、ローカル ディスク C の Temp フォルダが選択されています。

[一時的なディレクトリ] フィールドでは、選択したフォルダの空き領域を指定します。このフォルダは、入力ファイルのサイズと選択した出力形式に応じた十分な容量を持つ必要があります。容量が十分でない場合は、変換処理が中断し、別の一時ファイル用フォルダを選択するか、ハードディスク ドライブ内の領域を少し解放するようにメッセージが表示されます。

[トップに戻る]


[ツールバー] タブ

[設定] ウィンドウ - [ツールバー] タブ

このタブでは、必要に応じてメイン ツールバーをカスタマイズできます。変換先としてよく使用する出力形式のボタンを設定し、それらをプログラムの起動時にメイン ツールバーに表示することで、必要なボタンに即座にアクセスできるようになります。

それには、次の手順を実行します。

  1. メイン ツールバー内で置き換えるボタンをクリックします
  2. [他の形式ツールバー] から、メイン ツールバーに表示するボタンをクリックします
  3. [Swap形式] ボタンをクリックします

これで、選択したボタンの位置が入れ替わります。

ほかのツールバーまたは同じツールバーにある任意の形式ボタンをドラッグ アンド ドロップして、その位置を入れ替えることもできます。

[トップに戻る]


すべての調整を行った後で、変更を保存して [設定] ウィンドウを閉じるには、[はい] をクリックします。変更を破棄して [設定] ウィンドウを閉じるには、[キャンセル] ボタンをクリックします。[デフォルト設定に戻す)] ボタンをクリックして、デフォルト設定に戻すこともできます。

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。