Powered by

AVS Video Editor
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Video Editor
AVS Video Editor
をダウンロードする
バージョン:  9.1.1.336
リリース日:  01日07月2019年
サイズ:
155.45 MB

マルチプル効果を追加

AVS Video Editorタイムライン/ストーリーボード領域追加されたビデオクリップに多重効果を適用して、それらを一つのウィンドウに編集することができます。中央のボタングループの「ビデオ効果」ボタンをクリックして、ファイル領域と効果領域から適当な効果を選択します。 ここをクリックして、すべての利用可能な効果が見ることができます。適用したい効果を見つけたあとで、それをビデオにドラッグ・アンド・ドロップします。

注!:「ビデオ効果の追加を可能にする」オプションをチェックする必要があります。そうするために、設定ウィンドウの「編集」タブを開きます。
メインビデオにビデオ効果をドラッグ・エンド・ドロップします

いくつかのビデオ効果をビデオに同じように追加できます。修正されたビデオがタイムライン/ストーリーボード領域でこのような記号で 効果の記号 マークされます。

タイムラインでビデオ効果の記号
タイムラインビデオ効果の記号

ストーリーボードでビデオ効果の記号
ストーリーボードビデオ効果の記号

適用された効果のプロパティを変更するために、タイムライン/ストーリーボードツールバーにある「ビデオ効果」ボタンを利用したり、タイムライン/ストーリーボード領域でビデオファイルを右クリックして、エクスプレスメニューの「ビデオ効果」オプションを選択したりします。「ビデオ効果」ウィンドウが表示されます(下にある図を参照)。

ウィンドウの右側に効果のリストプロパティ領域が表示されて、ウィンドウの左側にフェードインフェードアウト領域を設定して、結果をプレビューします。

ビデオ効果のウィンドウ

最初、リストから変更したいプロパティを効果を左クリックして、選択します。

注!:適当な「効果」ボクスをチェックする必要があり、チェックしない場合の効果とそのプロパティは無効になります。

ビデオ効果」ウィンドウの「プロパティ領域」にドロップダウン・リストからマスクを選択します。次の機能が利用可能です: なし、長方形、楕円、多角形。「なし」を選択すると、効果が画像全体の領域に適用されます。

他の効果プロパティを設定します。効果によって異なります。スペシャル効果変形ピクチャーチャプターで効果プロパティについての詳細情報を見ることができます。

ビデオ効果のウィンドウによって、ビデオ効果の様々なタイプを組み合わせて、お客さまの視覚効果が作成することができます。たとえば、水彩画効果とシャープフィルターを組み合わせて、画像が印象派絵画のような画像になります。

変更を保存するために、「はい」をクリックしたり、または変更を破棄して、ビデオ効果のウインドウを閉めるために、「キャンセル」ボタンをクリックしたりします。

AVS Video Editor をダウンロードする バージョン:  9.1.1.336サイズ: 155.45 MB

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。