Powered by

AVS Video Editor
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Video Editor
AVS Video Editor
をダウンロードする
バージョン:  9.1.1.336
リリース日:  01日07月2019年
サイズ:
155.45 MB

クロップ・スケール

一つのアスペクト比のビデオファイルをインポートしたあとで、出力ビデオ用にアスペクト比を変更すると、同じような方法で解決することができる二つの異なる場合があります:

  • 入力ファイルはアスペクト比 4:3 があり、出力ファイルはアスペクト比 16:9 を持つでしょう - この場合は、歪曲が抑制されるようにビデオ画像の左右にマットが追加されます;
  • 入力ファイルはアスペクト比 16:9 があり、出力ファイルはアスペクト比 4:3 を持つでしょう - この場合は、歪曲が抑制されるようにビデオ画像の上下に マットが追加されます。

どちらの場合もマットを取り除くために、AVS Video Editor で利用可能な「クロップスケール」機能を利用します。必要なアスペクト比を選択して、タイムラインでビデオを右クリックします。「クロップスケール」機能を利用します。クロップスケールのウィンドウが表示されます:

クロップ・スケールのウィンドウ

上の図に一番目の場合のアスペクト比の変更を見ることができる - 4:3 ビデオ画像入力が 16:9 ビデオファイル出力に変更されました。マットがビデオ側に追加されて、それを 16:9 フレームに合います(黒マットは角形のプレーヤーウィンドウのサイズに合わせるために、ビデオの上下に追加されますけれども、出力ビデオに追加されません)。

クロップ・スケールのフィルド フィールドを使用し、「クロップ・スケール」ボタン ボタンをクリックすると、ビデオの可視部を変更させるスライダー クロップ・スケールのスライダー が利用可能になるでしょう。マットを取り除くには、マウスを利用して、スライダーを移動します:

クロップ・スケールのウィンドウ

注!: クロップスケールの機能を利用すると、オリジナルのビデオと違うアスペクト比のある新しいフレームのサイズに合わせられるようにビデオ画像が拡大されます。それは、ビデオの部分が、つまり上下部にあるビデオ画像、切り取られて、失われることを意味します。

クロップされた、変形されたビデオはプレビュー領域でこのように見えます:

クロップされたビデオのプレビュー

結果としてビデオは一方の側でマットがありません。同時に、それが上下にわずかに拡大されたり、クロップされたりしました。それで、 ビデオをディスプレーのサイズとテレビ画面に合わせるか、全体の入力ビデオ画像を選ぶか、を決める必要があります。

AVS Video Editor をダウンロードする バージョン:  9.1.1.336サイズ: 155.45 MB

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。