Powered by

Appendix
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
Appendix

アスペクト比


画像のアスペクト比は高さ(通常「x:y」として表現された)で割られた、表示された幅です。例えば、従来のテレビ画面が 4:3、または 1.33:1 です。ハイビジョンテレビでは、16:9 または 1.78:1 の縦横比が使用されています。 2.39:1 もしくは 1.85:1 のアスペクト比が映画撮影術でよく利用されます。シンクロ・サウンド 35 mm ムービーフレームのアスペクト比は約 1.37:1 (アカデミー比と呼ばれる)です。無声映画はフルフレームを利用して、1.33:1 の縦横比がありました。

ムービーと TV アスペクト比の進化

テレビが発明されてから、標準のテレビは 4:3 の縦横比を利用し、多くのコンピュータのモニターが同じアスペクト比を利用します。最初、サウンドトラックが考慮され、4:3 のアスペクト比はアカデミー形式のフレームのアスペクト比と同じですから、テレビでムービーを問題なく見ることが出来ました。映画の入場者数は大きく減り始めた時、ハリウッドがより現実的な経験に浸り、 たぶん、放送映画を普通の TV で見ることの楽しさを損なうために、ワイドスクリーンのアスペクト比を作成しました。

16:9 の形式は日本とアメリカの HDTV 、ヨーロッパ non-HD ワイドスクリーン TV (EDTV) の形式です。多くのデジビデオカメラは 16:9 に記録する可能性があります。アナモフィックな DVD は、4:3 までに垂直に伸ばされた 16:9 の形式に伝達情報を保存し、テレビがアナモルフィック・イメージを扱うことができる場合、信号がテレビで 16:9 になります。そうでなければ、DVD プレーヤーはイメージを小さくし、テレビにイメージを送る前に、レターボックスを追加します。1.85:1 と 2.39:1 のようなより広い比率は、フレーム内に追加のマスクを追加することで、 16:9 DVD フレーム内に挿入されます。

映画産業に、例えば、アナモフィックなフレームが 2.39:1 か "2.39" と考えられるように、イメージの高さを 1 値に設定します。ムービー画像の幅はスプロケットホールの存在と 4 パーフォレイションの標準的な断続的な動きの間隔、ならびに片側にイメージとパーフォレーションの間にある光学サウンドトラックで制限させますから、そう言うことができます。アメリカの映画館の最も一般的な投影比は 1.85 と 2.39です。

実際に、HDTV 用に採用さた 16:9 の形式はよく利用されるワイドスクリーンの形式より狭いです。アナモフィックなワイドスクリーン (2.39:1) と アメリカ映画館の標準 (1.85:1) はヨーロッパ映画館の標準 (1.66:1) より広いアスペクト比があります。(IMAX は 1.33:1 の普通のテレビ縦横比があります)

スーパー 16mm フィルムが、それの低い値段とフィルムでサウンド·スペースの必要がないこと、16:9 と似ているアスペクト比のため、テレビ制作用に利用されます (スーパー 16mm は最初に 1.66 で、16:9 は 1.78 です)。

[トップに戻る]


元のアスペクト比

元のアスペクト比 は、ホームシネマのアスペクト比または映画やビデオ制作が生成された寸法用語です。例えば、2.39:1 の縦横比の「グラディエーター」というムービーが映画館用に公開されました。それはスーパー35で撮影されて、2.39:1 の元の縦横比で映画館で上映され、またはテレビで放送されるに加えて、元のアスペクト比のリリースがあったマットなしで放送されました。

[トップに戻る]


レターボックスとピラーボックス

レターボックスは、元の縦横比を維持をして、ビデオ形式にワイドスクリーンの映画を転送する方法です。ビデオディスプレイは、最も頻繁にオリジナルのムービーよりも正方形のアスペクト比ですから、結果のビデオが画像領域の上下でマスクオフ・エリアを含まれている必要があります (頻繁に「黒いバー」、より正確にマットと呼ばれています)。レターボックスは結果のイメージがポストを水平に開ける方法に似ているですから、この名前を持ちます。

レターボックスは、「pan and scan」という機能もしくはワイドスクリーンの映画をビデオに転送するフルスクリーンの方法に代わるものを提供しています。「pan and scan」で元の画像が 1.33:1 (or 4:3) のテレビ画面の比率に合うようにクロップされます。反対に、レターボックスは、映画館に見られるように元のムービーの大部分を維持します。

ピラーボックスは、 1.33:1 のイメージがより広い画面で(マットが追加されて)再生される方法を表示します。黒いバー(マットまたはマスク)は、イメージの両側に追加された時に、「ピラーボックス」という効果がワイドスクリーン・ビデオディスプレイで発生します。ワイドスクリーン用に設計されていないビデオがワイドスクリーン表示で再生される時、それが必要になります。オリジナルの資料が縮小されて、ワイドスクリーンのフレームの真中に配置されます。「ピラーボックス」は( 時々、「額縁放送」と呼ばれている) 、このディスプレイが英国と英連邦内にある独立型のポストに似ているですから、この名前を持ちます。

[トップに戻る]

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。