Powered by

Appendix
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
Appendix

DMAモードの有効化

DMA モード - ダイレクト・メモリ・アクセスは、コンピュータの中にあるハードウェア・サブシステムに CPU とは独立に読み取ることおよび/または書くことのためにシステム・メモリにアクセスさせます。多くのハードウェア·システムは DMA を利用します( ディスク・ドライブコントローラー、グラフィックス・カード、ネットワークカード、サウンド・カードを含む)。

DMA は現代のコンピュータの重要な機能です。異なる速度を持つデバイスが CPU の重い割り込みロードなく通信することができます。そうでなければ、CPU はソースからのレジスタにデータの各部分をコピーする必要があり、新しい場所にそれを書き戻します。この時間の間には、CPU が他のタスクのために利用できなくなります。

DMA 転送は、本質的に別のデバイスからメモリブロックをコピーします。CPU は転送を開始しながら、転送が DMA コントローラーによって実行されます。典型的な例は、外部メモリからより速い内部メモリ(オンチップ)にメモリブロックを移動させます。このような操作は、プロセッサをストールしません。プロセッサが他のタスクを実行する予定であることができます。これは、ペリフェラル·デバイス·ドライバーのいわゆるゼロコピー実現、ネットワーク・パケット・ルーティング、ファイルのコピー、ネットワーク上のビデオストリーミングなどのような機能性を提供するのに、重要です。

DMA モードを有効するには、次の操作を行う必要があります:

  1. Windows の「スタート」メニューに進んで、「コントロールパネル」を選択する。

  2. コントロールパネル」ウィンドウに「Classic View」に切り替えて、「デバイス マネージャー」アイコンを選択して、「デバイス マネージャー」ウィンドウを開くには、アイコンをダブルクリックする。

    注!: Windows XP を利用する場合、「コントロールパネル」ウィンドウに「システム」アイコンを選択し、「ハードウェア」タブに切り替えて、「デバイス マネージャー」ボタンをクリックします。

    DMAモードの有効化

  3. 表示されたウィンドウで他のデバイスの中から「IDE ATA/ATAPI コントローラ」を見つけて、コントローラの利用可能な IDE チャンネルのリストを開くには、それの前にある "+" をクリックする。

  4. コントローラのプロパティウィンドウを開くには、第一の IDE Channel (Windows XP 用の Primary IDE Channel)キャプションをダブルクリックする。

  5. 詳細設定」タブに切り替えて、DMA モードを有効にするために、「DMA の有効」ボックスをオフにする。

    DMAモードの有効化

    注!: Windows XP を利用する場合、現在のトランスファーモードが表示される所で「トランスファーモード」ドロップ・ダウンボックスを見ます。トランスファー モードを変更したり、DMA を有効したりするために、ドロップダウンボックスを開いて、「DMA if available」を選択する。Secondary IDE Channel用に同じことができます。
  6. 変更を破棄するために、「はい」をクリックする。

IDE チャンネル用に DMA モードを有効してから、「デバイスマネージャー」ウィンドウを閉じることができます。時々すべての変更を適用するために、再起動する必要があります。

注!: すべてのコントローラは、ユーザが転送モードを変更させません。お使いのコンピュータの IDE コントローラー用に、サードパーティ製のドライバをインストールする場合、ドライバソフトウェアに含まれている説明を見ることができます。普通、コントローラ用の特別なドライバがインストールされた場合、ドライバソフトウェアによって DMA モードが自動的に有効になります。

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。