Powered by

Appendix
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
Appendix

レートコントロールの設定

H.264 Advanced Settings

[ビットレート]   [量子化の限界]   [シーン・カット]


ビットレート」セクションは以下のコーデックのパラメータがあります:

  • キーフレーム・ブーストは、他のフレーム (P-フレーム)と比較して、キーフレーム(I-フレーム)の品質はどれほどブーストされることを管理します。ビデオコーディングに利用されるさまざまなフレーム・タイプについての詳細情報のために、MPEG-4 コーデックの B-VOP セクションを参照ください。ブーストは、 I-フレームに追加の品質を与えますので、それらから予測されたフレームが良い品質になって、優れた視覚的印象につながります。より高い値を設定するほど、I-フレームがより多くの品質を、または他のフレームがより少なく品質を得ます。低品質のコード化と低いビットレートでより高い値を設定でき、頻繁に変更されている背景がある明るくて連続なはや送りのムービーのためにより低い値を設定できます。利用可能な値は 070です。デフォルト値は 40です。

  • B-フレーム縮小率 は他のフレームに比べて(P-フレーム)、 B-フレームの品質がどれほど低下することを管理します。B-フレームをより効率的に映像の動きを再現するには、 B-フレームが他のフレームの間に目立たないように利用されるので、このカットは、B-フレームのビットレートで人間の視覚系にはほとんど目立たないです。高いビットレート/低い量子化器のビデオ用の値を低下する可能があります。そうすると、詳細、モーション、ビデオ全体に、均一な品質を与えます。アニメーコンテンツ用に (アニメ、漫画)、より高い値を利用できます。利用可能な値は 060です。デフォルト値は 30です。

  • ビットレートの可変性は、特定のビットレートでムービー品質がどの程度に変更するかを管理します。より低い値を設定すれば、ビデオ品質がより不安定になることができます。より高い値を設定すると、ビデオ品質がより安定になることができます。利用可能な値は 0100です。デフォルト値は 60です。

すべてのビットレートの設定をニーズに応じて手動で変更できます - キーボードもしくはマウスクリックを利用して、値を入力することができます。

[トップに戻る]


量子化の限界」セクションは以下のコーデックのパラメータがあります:

  • 最小 QPは、ビデオがいずれかの点に到達できる最小の量子化器を設定します。非常に高いビットレートと低解像度でビデオを得ない限り、非常に高い値が推奨されていません。利用可能な値は 051です。デフォルト値は 10です。

  • 最大 QPは、ビデオが到達できる最高の量子化器を設定します。51のデフォルト値のままにしておくことをお勧めします。利用可能な値は 051です。デフォルト値は 51です。

  • 最大 QP ステップは、量子化器が2つの連続したフレームの間でどれほど変更することを管理します。低すぎる値を設定すれば、コーデックは品質レベルに徐々に切り替えます。それは特定のシーンの圧縮のために破壊である可能性があります(例えば、同様の視覚的な品質を維持するために、より低い量子化器を突然に利用することができます)。高すぎる値を設定すれば、品質のジャンプにつながる可能があります。利用可能な値は 050です。デフォルト値は 4です。

すべての量子化の限界の設定をニーズに応じて手動で変更できます - キーボードもしくはマウスクリックを利用して、値を入力することができます。

[トップに戻る]


シーン・カット」セクションは以下のコーデックのパラメータがあります:

  • シーン・カットのしきい値は、コーデックがフレームをシーンの変化と考えられる前に、フレームがどれほど変更される必要があることを決めます。より高い値を設定するほど、シーン変更の検出の感度が低くなります。コーデックは、より正確にシーンの変更を決定させるために、暗いビデオで用に、この値を低下させる可能があります。一般に、より微妙なシーンの変化でビデオがより高いしきい値が必要があります。目立っているシーンの変化のある明るくてコントラストの高いビデオは実際には低いしきい値を設定しようとする理由かもしれません。利用可能な値は 0100です。デフォルト値は 40です。

  • 最小 IDR-フレーム間隔は、2つのキーフレームの間にフレーム最小数を表示します。この値は高すぎると、シーン変更のを検出し、必要なキーフレームを挿入するのが時間がかかります。低すぎるに設定すれば、ちらつきまたは一般的なビットレートwasteになることができます。利用可能な値は 0100000です。デフォルト値は 25です。

  • 最大 IDR-フレーム間隔は、2つのキーフレームの間に最大の間隔を表示します。低すぎるに設定すれば、全体の品質を下げて、キーフレームの飽和過度、可能なちらつき、一般的なビットレートwasteになることができます。高すぎるに設定すれば、検索の問題になることができます。または、キーフレーム間の時間中にアーチファクト/コード化の流れが長い間スクリーンに残ります。利用可能な値は 0100000です。デフォルト値は 250です。

すべてのシーン・カットの設定をニーズに応じて手動で変更できます - キーボードもしくはマウスクリックを利用して、値を入力することができます。

[トップに戻る]


どんな設定をするか分からないと、変更を破棄するために、「デフォルト設定に戻す」ボタンをクリックします。

すべて準備ができたら、変更を確定するために、「はい」ボタンをクリックします。

[トップに戻る]

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。