Powered by

Appendix
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItaliano日本語
Appendix

プレーヤーの選択と HTML ページの構築

SWF Player Platinum skin
Platinum プレーヤースキン

SWF Player Glass skin
Glass プレーヤースキン

SWF Player Wood skin
Wood プレーヤースキン

SWF Player Mech skin
Mech プレーヤースキン

SWF Player YouTube skin
Youtube プレーヤースキン

SWF Player Plastic skin
Plastic プレーヤースキン

HTML-ページのためのビデオを作成するとき、フラッシュビデオプレーヤーを作成し、それをページのコードに埋め込む可能があります。そうするには、AVS Video Converter を使用できます。

最初に変換するビデオ、出力ビデオ名とフォルダを選択する必要があります。詳細情報のためにFLV 形式に変換セクションをご覧ください。

そのあと、AVS Video Converter詳細設定ウェブ共有用に Flash Player と HTML ページを作成オプションをチェックします:

プレーヤーとページの作成オプションそのあと、ドロップダウンメニューからフラッシュプレーヤーのプリセットのいずれかを選択できます。独自のコントロールがあるビデオプレーヤーは、作成されたフラッシュビデオに追加されます。ビデオ再生のループオプションを選択すると、ビデオが終わりに達したときにビデオ再生が自動的に再起動します。ビデオ再生の自動起動オプションを選択すると、ビデオがページにロードされたときビデオ再生が自動的に再起動します。

以下に引用されたコードがある HTML ページは、書き込まれ、出力のビデオと一緒に先のフォルダに配置されます。

<html>
  <head>
      <META http-equiv="content-type" content="text/html; charset=windows-1252">
      <title>AVS Flash Player</title>
      <script type="text/javascript" src="swfobject.js"></script>
      <style type="text/css">
         body { background-color: #FFFFFF; font: .8em/1.3em verdana,arial,helvetica,sans-serif }
         #flashcontent { border: solid 1px #000; width: 356px; height: 321px; float: left }
      </style>
   </head>
   <body>
      <div id="flashcontent">
         <strong>You need to upgrade your Flash Player.</strong>
      </div>
      <script type="text/javascript">
         var so = new SWFObject('player_v4.swf', 'player', '356', '321', '7', "#000000");
         so.addParam("allowScriptAccess","always");
         so.addParam("allowFullScreen","true");
         so.addParam("wmode", "window");
         so.addParam("scale", "noscale");
         so.addVariable("file", "2_NEW.flv");
         so.addVariable("height", "321");
         so.addVariable("width", "356");
         so.addVariable("theme", "Glass.swf");
         so.addVariable("repeat", "0");
         so.addVariable("autostart", "0");
         so.addVariable("image", "");
         so.addVariable("volume", "50");
         so.addVariable("scaleonresize", "none");
         so.addVariable("top_caption", "");
         so.addVariable("bottom_caption", "");
         so.addVariable("v", getQueryParamValue("v"));
         so.write("flashcontent");
      </script>
   </body>
</html>

準備ができているとき、変換プロセスを開始するために、今変換!ボタンをクリックします。

後に好きな HTML-エヂターを使用して、HTML-ページを開いて、それをニーズの応じて変更し、コピーし、ウェブページに含めます。ウェブページが正しく機能するように、ウェブページがウェブセーバーに位置しているところに出力ビデオファイルのフォルダのすべてのファイルを置くことを忘れないでください。

注!: 次の方法によって作成された HTML-ページからあなた自身のページにコードをコピーする必要があります:
  • CSS ファイルもしくはページにあるスタイルコードに<style type="text/css"></style> タグの間にコードを含めます。(あなた自身のページに定義された本文セクションのスタイルがある場合、最初の行body { background-color: #FFFFFF; font: .8em/1.3em verdana, arial, helvetica, sans-serif }を省略する必要がありますし、代わりにページ本文のためのあなた自身のスタイルを使用します;
  • あなた自身のページの <head> セクションに <script type="text/javascript" src="swfobject.js"></script> コードを含めます;
  • プレイヤーを配置するページ上のところに <body></body> タグの間にコードを含めます。

また、次のコードラインを変更できます:

  • #flashcontent { border: solid 1px #000; width: 356px; height: 321px; float: left } は、フラッシュプレーヤーのために使用されるスタイルです。それは以下の可変パラメータで構成されています:

    • border: solid 1px #000 は、プレーヤーウインドウのために使用されている境界線です。
      1. solidパラメーターは、境界線のスタイルを定義します。境界線のスタイルは、dasheddotteddoublegroovehiddeninsetnoneoutsetridge などのです。none 値を選択すると、境界線が表示されません。
      2. 1px は、ピクセル単位で使用されている境界性の幅です。必要な任意の値を入力できます。
      3. #000 は、進形式で使用されている境界線の色です。#000 もしくは #000000 は、黒色に対応します。#ffffff は、白色に対応します。色を形成するために、6桁0 から 9 までの数字と A から F の文字の任意の組み合わせを使用できます。ちょうどそれらの前にシャープ 記号を置くことを忘れないでください。
    • width: 356px は、ピクセル単位でプレーヤーウインドウの幅です。(ウェブページのプレーヤーのために割り当てられた領域の幅です)。それは、ビデオファイルの変換中に使用されたプリセットに応じて自動的に選択されます。または、選択されたプロファイルが編集された場合、出力のフラッシュビデオファイルの設定幅に応じて選択されます。
    • height: 321px は、ピクセル単位でプレーヤーウインドウの高さです。(ウェブページのプレーヤーのために割り当てられた領域の高さです) それは、ビデオファイルの変換中に使用されたプリセットに応じて自動的に選択されます。または、選択されたプロファイルが編集された場合、出力のフラッシュビデオファイルの設定高さに応じて選択されます。
    • float: left は、作成されたページにあるプレーヤーの位置です。利用可能な値は、プレーヤーをページの右側部分に配置する float:right と ビデオをホームページにあるページスタイル設定で定義されたデフォルトのところに配置する float:none です。

  • var so = new SWFObject('player_v4.swf', 'player', '356', '321', '7', "#000000");

    • 'player_v4.swf' は、フラッシュビデオの再生のために使用されているプレーヤーファイル名とパスです。それは通常、作成されたHTMLページと同じディレクトリに配置されます。場所を変更する場合、新しいプレーヤーファイルのパスを記述して、その変更を反映するようにしてください。
    • 'player' は、プログラムによってプレーヤーに与えられた ID です。通常、それを変更しないでください。
    • '356' は、プレーヤーのために割り当てられた領域のピクセル単位で測定された幅です。それは、ビデオファイルの変換中に使用されたプリセットに応じて自動的に選択されます。または、選択されたプロファイルが編集された場合、出力のフラッシュビデオファイルの設定幅に応じて選択されます。
    • '321' は、プレーヤーのために割り当てられた領域のピクセル単位で測定された高さです。それは、ビデオファイルの変換中に使用されたプリセットに応じて自動的に選択されます。または、選択されたプロファイルが編集された場合、出力のフラッシュビデオファイルの設定高さに応じて選択されます。
    • '7' は、フラッシュビデオを再生する必要があるフラッシュプレーヤーのバージョン番号です。その値がユーザーのコンピュータにインストールされている Adobe Flash Player のバージョンより高い場合、<div id="flashcontent"><strong></strong></div> の間にあるメッセージがフラッシュビデオプレーヤーの代わりに表示されます。我社の場合、メッセジーは You need to upgrade your Flash Player です。
    • "#000000" は、進形式で使用されるフラッシュムービーの背景色です。#000000 は、黒色に対応しています。#ffffff は、白色に対応しています。色を形成するために、6桁0 から 9 までの数字と A から F の文字の任意の組み合わせを使用できます。ちょうどそれらの前にシャープ 記号を置くことを忘れないでください。

  • so.addVariable("wmode", "window"); は、透明性、層化、およびブラウザの位置のウインドウモードのプロパティを設定します。次のような値を取得することはできます: window (ムービーがウェブページ上の独自の矩形ウィンドウで再生されます)、opaque (ムービーがその背後にあるページ上のすべてのものを隠します)、transparent(HTMLページの背景がムービーの透明な部分を通して表示され、アニメーションのパフォーマンスが遅くなります)

  • so.addVariable("scale", "noscale"); は、映画の行動をプレーヤーウィンドウのサイズと縦横に関して定義します。次のような値を取得することはできます: default (show all) (映画の元の縦横比を維持して全体映画が歪みのなしで指定された領域に表示されます; 国境には、映画の両側に表示されることがあります)、noorder (映画の元の縦横比を維持して、動画が歪みなしでトリミングがある指定された領域を塗りつぶします)、exactfit (元の縦横比を保存しにで全体動画が指定された領域に表示されます; その場合、歪みが発生する可能性があります)。

  • so.addVariable("file", "2_NEW.flv"); は、変換されたフラッシュビデオファイルとそれのパスです。通常それは、作成された HTML-ページと同じディレクトリに配置されます。場所を変更する場合、新しいフラッシュビデオファイルパスを書いて、そこにその変更を反映することを確認します。

  • so.addVariable("height", "321"); は、ピクセル単位でフラッシュプレーヤー自体の高さです。それは、ビデオファイルの変換中に使用されたプリセットに応じて自動的に選択されます。選択されたプロファイルが編集された場合、それは出力フラッシュビデオファイルの設定された高さに応じて選択されます。その値を変更するか、またはプレーヤーのサイズが比例して変更される場合、幅の値 so.addVariable("width", "356"); を変更する必要があります。

  • so.addVariable("width", "356"); は、ピクセル単位でフラッシュプレーヤー自体の幅です。それは、ビデオファイルの変換中に使用されたプリセットに応じて自動的に選択されます。選択されたプロファイルが編集された場合、それは出力フラッシュビデオファイルの設定された高さに応じて選択されます。その値を変更するか、またはプレーヤーのサイズが比例して変更される場合、幅の値 so.addVariable("height", "321"); を変更する必要があります。

  • so.addVariable("theme", "Glass.swf"); は、変換の前に選択されたフラッシュプレーヤーのスキン名とパスです。通常それは、作成された HTML-ページと同じディレクトリに配置されます。場所を変更する場合、新しいプレーやスキンのファイルパスを書いて、そこにその変更を反映することを確認します。

  • so.addVariable("repeat", "0");は、変換の前に選択された映画のリピートパラメーターです。それを 0 に設定すると、再生がループしないで、再生が終わった後でビデオが停止します。または、1 は、再生がループし、最後に達したときのビデオは最初から何度も繰り返し再生してなることを意味します。

  • so.addVariable("autostart", "0"); は、変換の前に選択された映画の自動起動パラメーターです。それを 0 に設定すると、ビデオがあるページはブラウザにロードされたとき、再生が自動的に開始しません。1 に設定すると、再生が自動的に開始します。

  • so.addVariable("image", ""); は、autostart 値が 0 に設定されている場合 (自動起動をが有効になっていません)、ページがロードされるとき表示されている画像名とパスです。正しいサイズがある(高さと幅がプレーヤーに割り当てられたレイヤー/場所の高さおよび幅と同じです) .jpg 形式のイメージファイルを選択できます。ちょうどそれの正しいパスを入力することを忘れないでください。2番目の引用符の間にイメージの名前とパスを挿入する必要があります。例えば、so.addVariable("image", "../images/MyImage.jpg");

  • so.addVariable("volume", "50"); は、動画を再生する音量です。

  • so.addVariable("top_caption", ""); は、ウィンドウ上にマウスカーソルをロールバックするときに表示されている上のキャプションです。そのフィールドを空のままにした場合、デフォルトのキャプションが表示されます。それを変更するために、2番目の引用符の間に必要なキャプションを挿入する必要があります。例えば、so.addVariable("top_caption", "my top caption");

  • so.addVariable("bottom_caption", ""); は、ウィンドウ上にマウスカーソルをロールバックするときに表示されている下のキャプションです。そのフィールドを空のままにした場合、デフォルトのキャプションが表示されます。それを変更するために、2番目の引用符の間に必要なキャプションを挿入する必要があります。例えば、so.addVariable("bottom_caption", "my bottom caption");

注!: そのプレーヤー、いくつかの他のプレイヤーとビデオパラメータ詳細情報をアドビシステムズ社のサイトに読むことができます。

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。