Powered by

Appendix
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItaliano日本語
Appendix

AVS Audio Editor のトラブルシューティング

エラー(メッセージ)の説明

Microsoft Windows 7 の場合、(もしくはいくつかのコンピュータのオーディオカードがある Windows Vista の場合)、AVS Audio Editor はオーディオデバイスのリストにある無効なオーディオデバイスを表示します。プログラムがエラーメッセージを送信しますが、ユーザーがデバイスを有効にすることができません:

問題を解決する方法:

  1. ツールータブのオプション... オプションボタン ボタンをクリックするか、 または録音タブの詳細情報 詳細情報ボタン ボタンをクリックして、 開かれたオプションウインドウにある録音タブにスイッチします:

  2. Windows のサウンド録音デバイスのダイアログウィンドウを開くために、Windows の録音コントロールボタンをクリックします:

    開かれたウインドウ内のどこでもマウスのボタンでクリックして、無効なデバイスの表示メニューオプションを選択します。そのあと、すべての利用可能な無効なデバイスが表示されます。

  3. 必要なオーディオデバイスを選択して、それをマウスの右ボタンでクリックします:

    右クリックのメニューから有効を選択します。そのあと、はいボタンをクリックして、ウインドウを閉めることができます。

  4. 今、必要なデバイスはオプションウインドウのデバイスリストにあって、選択可能です(有効とマークされます):

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。