Powered by

Appendix
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
Appendix

詳細設定

H.264 Advanced Settings

[モーション予測]   [Miscellaneous options]


モーション予測」セクションは以下のコーデックのパラメータがあります:

  • パーティション決定のパラメーターは、モーション推定のプロセスの精度を管理します。選択されたメニューは 7 オプション( 最低の品質 1 (もっとも速い)から最高の品質6b (B-フレームに RDO)というオプションまで)のリストで構成されます。速度が非常に重要ですが、品質は重要ではないと、5 (高い品質)以下のオプションを使用することをお勧めします。他の場合は、5 (高い品質)6 (RDO)6b (B-フレームに RDO) 数値を利用します。より高いの値、変換の速度を犠牲にして、品質はより高くなります。

  • 方法は、モーション推定の検索が実行される方向を表示します。より良い方法、圧縮の品質と効率を高めて、モーションを見つけ、正確に記録するコーデックの可能性が高くなります。より遅いマシーン用に六角形検索を、より強力な構成用に不等マルチ-六角形を利用することをお進めます。徹底検索はエンコード速度を低下させますから、強力なコンピュータだけで利用することができます。

  • 範囲は、モーション検索の範囲をピクセルで指定します。より高い範囲、より多くのピクセルが遅いエンコード時間で分析されます。このパラメータは不等マルチ-六角形徹底検索というモーション検索の方法と一緒に利用されます。利用可能な値は 064 です。デフォルト値は 16です。

  • 最大参照フレーム数は、P-フレーム もしくは B-フレームがいくつの前のフレームを参照することができるか表示します。より高い値、それが良くなりますが、同時にコーディング処理の速度が遅くなります。利用可能な値は 016 です。デフォルト値は 0です。

  • 混合参照というオプションでは(有効にした時)、コーデックをより小さい規模で参照を行う、より大きな自由を提供します。最大参照フレーム数の値は1以上でオンにされる必要があります。

  • 彩度 MEは、ビデオの色平面で色の情報を利用して、モーションを推定し、その故に、モーション推定の視覚の品質と精度が高くなります。それはほとんどの場合、特にアニメーションの素材で、大幅な品質向上につながります。このオプションをオンにすることをお進めます。

[トップに戻る]


その他のオプション」セクションは以下のコーデックのパラメータがあります:

  • スレッド - スレッドの数は、コンピュータが持つプロセッサコアの数に相当する必要があります。それぞれのハイパースレッディングプ・ロセッサが2つのスレッドと見なされます。お使いパソコンはHTを持っているかどうか、いくつのコアを持っていることを確認しないと、1に設定することは安全です。この機能は、マルチコア・マシン上でエンコード処理をスピードアップします。利用可能な値は 14 です。デフォルト値は 1です 。

  • CABAC - Context Adaptive Binary Arithmetic Coding - ビデオストリームの構文要素がコンテキストによって予測するすることができるようにする機能です。基本的に、デコード速度が遅くなることができますが、品質を損なうことなく(10-15%がビデオとビットレートによって違います)、圧縮効率を向上させます。遅いプロセッサがある携帯機器を利用して、出力ビデオを再生するには、このオプションをオフにする必要があります。これはデフォルトで オンになっています。

  • ノイズリダクションというオプションは、画像ノイズのプレフィルタをオン・オフにします。0の値はこのオプションをオフにして、他の値は (1 ~ 65535)小さい画像ノイズのフィルターをオンにします。利用可能な値は 065535 です。デフォルト値は 0です。

  • トレリス - 高度なアルゴリズムでは、コーデックが品質とサイズの比率を推定して、それにに基づいてコーディング・バリアントを選択します。ファイルサイズを小さく維持して、品質を向上させることができます。同時に、変換時間がこの設定が無効になっている変換に比べて増えます。CABACをオンにすると、これが利用できるようになります。

  • デブロッキングフィルターというオプションは、インループ・デブロッキングフィルターをオン・オフにします。この機能を無効にすると、変換の時間が増えます。

  • 強度は、しきい値で特定されたブロックを取り除くために、どの非ブロック化の効果が強いかは必要するか判断します。利用可能な値は -66 です。デフォルト値は 0です。

  • しきい値は、どのくらいの素材をブロック解除する必要があることを決定します。より高い値を設定するほど、ビデオの多くがブロックとして認識されるほど、非ブロック化がそれらにより多くの影響を与えます。利用可能な値は -66 です。デフォルト値は 0です。

[トップに戻る]


どんな設定をするか分からないと、変更を破棄するために、「デフォルト設定に戻す」 ボタンをクリックします。

すべて準備ができたら、変更を確定するために、「はい」ボタンをクリックする。

[トップに戻る]

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。