Powered by

Appendix
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
Appendix

WMV 詳細設定

WMV コーデック詳細設定のウィンドウ

[一般]   [VBR を有効にする]


WMV コーデックの「一般」設定は以下のアイテムで構成されます:

  • 色空間 - ビデオレプリゼンテーション用の色を選択する方法を表示している抽象的な数理モデルです。

    デフォルト値は RGB24 で、変更されることができません。

  • キー間隔 - コーデックで強制的に挿入された( I-フレームの自動挿入に加えて)二つのキーフレームの間で最大の間隔です。ムービーを見ながら、「早送り」と「巻き戻し」モード用にシーク時間を減らす可能があります。2つのキーフレームの間にある P-フレームが(デルタフレームもしくはフレーム間)前の I-フレームに基づいて圧縮されるため、コーデックは、出力ビデオの品質を向上されるには、I-フレームを利用する必要があります。

    推奨値は 8 ぐらいです。はや送りのビデオの数値を低下させることができます。数値は小さ過ぎると、挿入されたキーフレーム (I-フレーム) が多すぎて、ビデオが効率的に圧縮されません。それは出力ビデオの品質を下げます。同時に、多くのコマ送りのシーンがあるビデオの数値を増すこともできます。コーデックは必要な時、 I-フレームを自動的に挿入することができます。

    キー間隔」設定がニーズに応じて手動で変更されることができます - キーボードまたはマウスのクリックを利用して、値を入力する可能があります。

    デフォルト値は 8 です。

  • バッファウィンドウ - 1つのバッファに置かれるコンテンツ内容を決定します。連続データフローのために、バッファが必要です。

[トップに戻る]


VBR を有効にする - 可変ビットレートのエンコーディングを利用しているビデオ圧縮を選択するために、このオプションをチェックします。これはプログラムがビデオをエンコードするには、ビデオとドロップ・ダウンリストから選択された VBR タイプによって、違うところのために違うビットレート値を利用するという意味を持ちます:

  • 品質 - 品質に基づいている圧縮を選択するために、このオプションを利用します。キーボードまたはマウスのクリックを利用して、品質の値を適当なフィールドに入力することができます。最高品質は100 値に、低品質は 0 値に相当します.

[トップに戻る]


どんな設定をするか分からないと、変更を破棄するために、「デフォルト設定に戻す」 ボタンをクリックします。

すべて準備ができたら、変更を確定するために、「はい」ボタンをクリックする。

[トップに戻る]

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。