Powered by

AVS Audio Editor
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Audio Editor
AVS Audio Editor
をダウンロードする
バージョン:  9.1.1.537
リリース日:  02日07月2019年
サイズ:
46.83 MB

サンプルタイプ変換

AVS Audio Editor に現在読み込まれているオーディオファイルのサンプルレート、ビットの分解能およびチャンネルフォーマットを新しい形式のタイプに変換するには(例えば、44KHz/16-ビット/ステレオを2KHz/8-ビット/モノ)、編集タブにあるサンプルタイプ変換コマンドボタンを使用できます。

サンプルタイプ変換 ウインドウ

オーディオは元のファイルと同じ周波数と継続時間を保持できるように、サンプルタイプ変換がファイル内のサンプルを処理するか、データを再サンプルします。

変換のあらゆる側面はニーズに応じて調整できます。必要なサンプルレート (8'000 - 96'000 Herz)、サンプル サイズ(8-ビット - 32-ビット)、チャンネル (1/0 - モノ -- 3/4+LFE 7.1 スラウンド)などを設定できます。

詳細設定 >>ボタンをクリックして(それをクリックすると、<< 簡単になります)、再サンプルの高度なオプションを使用できます。サンプルタイプ変換ウインドウにある詳細設定パネルを開いて、次のパラメーターを設定できます:

  • ディザーを有効にするオプションを使用して、 オーディオの歪みを防ぐできるように、リサンプリングエラーをランダム化するために使用されるノイズの意図的な形態を適用できます。ディザーを有効にすることを選択するとき、三角形ガウス均一色付きなどの使用されている確率密度関数(PDF)タイプを選択できます。それはノイズの作成時にランダム化の種類で異なります。ノイズシィーピングタイプA もしくは B)を変更することが可能です。それは、同じ目的に使用されますが、実際はそれがディザーではなく、ディザーがあるフィードバックのプロセスです。

  • 高品質リサンプリングオプションを使用して、歪みを避けるために高品質リサンプリングを有効にすることができます。そのオプションが無効にされているとき、サンプルタイ変換はより多くの時間とプロセッサの電源がかかります。

AVS Audio Editor をダウンロードする バージョン:  9.1.1.537サイズ: 46.83 MB

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。