Powered by

AVS Audio Editor
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Audio Editor
AVS Audio Editor
をダウンロードする
バージョン:  9.1.1.537
リリース日:  02日07月2019年
サイズ:
46.83 MB

コンプレッサー

コンプレッサーコンプレッサー効果は、 オーディオ信号のダイナミックレンジを減少するために使用されます。その効果で静かな音を大きくし、大きな音を静かにすることができます。 AVS Audio Editorコンプレッサー効果をノイズ ゲートフィルターと一緒に適用します。それは指定されたしきい値以下のオーディオ信号を排除することによって不要なノイズを取り除くのに役立ちます。

音量を聞いて、前とコンプレッサー効果を適用した後に音量を比較できるように、再生ボタンを使用します:



効果なし



コンプレッサーの適用

適用する方法

AVS Audio Editor には、すべての効果とフィルターが同じように適用されます。オーディオファイルに効果を適用することについてのステップバイステップの詳細な手順のためにここをクリックします。


コンプレッサーの設定

コンプレッサー効果で次のパラメーターを指定できます:

コンプレッサーのパラメーター

次のコンプレッサーのパラメーターを編集できます:

コンプレッサーの設定
  • しきい値はコンプレッサーがアクティブになるレベルです(dB単位)。コンプレッサーは指定されたしきい値以上の音だけに影響を及ぼします。
  • 比率は入力のオーディオに関連した出力信号の圧縮量です。圧縮比を 1:1 に設定すると、それは圧縮効果を生み出せん。比率を 1:3 に設定し、しきい値を -20 に設定して、-2 dB の音量が -14 dB に圧縮されています(-20と-2の差が3で除算されます)。
  • アタック タイムはコンプレッサーがアクティブになる期間です。ゲインは指定された比率に達するまでにそれが減少されます。
  • 解除時間は音量がしきい値を下回ったまでにコンプレッサーがアクティブになっている期間です。
注!:アタック タイムと解除時間はコンプレッサーの境界を平滑化するために使用されます。アタックと解除が遅いほど、影響を受ける信号と影響を受けない信号間の遷移が円滑になります。

ノイズ ゲートのパラメーター

次のノイズ ゲートのパラメーターを編集できます:

ノイズ ゲートの設定
  • しきい値はゲートが開くレベルです(dB単位)。ノイズゲート フィルターは指定されたしきい値以下の音量をに影響を及ぼします。
  • アタック タイムは、一度信号が指定したしきい値を超えて、ノイズゲートが閉じたところから開くところまで変更する時間です。
  • 解除時間は、一度信号が指定されたしきい値を下回って、ノイズゲートが開いている期間です。
注!:アタック タイムと解除時間はコンプレッサーの境界を平滑化するために使用されます。アタックと解除が遅いほど、影響を受ける信号と影響を受けない信号間の遷移が円滑になります。

一般的なオプション

次の一般的なパラメーターを編集できます:

一般的なオプション
  • ポスト増幅は、コンプレッサーが適用されたあとで使用しているポスト増幅の量です。 そのパラメーターでコンプレッサーを適用したあとで原音のレベルを復元することができます。
  • RMS/ピックは、音のレベルを測定する方法です。必要な方法を選択するために、対応するラジオボタンをティックします。
  • すべてのチャンネルに等ゲインを使用して、チャンネルを同期できます。圧縮、ノイズ抑制の比率およびノイズゲートが開いている瞬間は、すべてのチャンネルに同じになります。
AVS Audio Editor をダウンロードする バージョン:  9.1.1.537サイズ: 46.83 MB

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。