Powered by

AVS Audio Editor
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Audio Editor
AVS Audio Editor
をダウンロードする
バージョン:  9.1.1.537
リリース日:  02日07月2019年
サイズ:
46.83 MB

個々チャンネルの編集

普通にオーディオファイルのすべてのチャンネルは同時に編集されています。しかし、いくつかのチャンネルもしくはそれのいずれかを無効にして、チャンネルを独立して編集できます。そうするには、キーボードのCtrlキーをマウスポインターと一緒に使用して(カーソルが L もしくは R 文字になります)、編集するチャンネルだけを有効にするために、左クリックします。無効なチャンネルはグレー表示されます。無効なチャンネル内の他の左クリックはそれを再度有効にします。

AVS Audio Editor

カーソルの利用可能な値は(例えば、8チャンネルのオーディオのために):

  • Lf は、左 フロント チャンネルです。
  • Rf は、右 フロント チャンネルです。
  • Cf は、中央 フロント チャンネルです。
  • LFE は、低周波の効果(サブウーファー)チャンネルです。
  • Lr は、左 リア チャンネルです。
  • Rr は、右 リア チャンネルです。
  • Ls は、左 スラウンド チャンネルです。
  • Rs は、右 スラウンド チャンネルです。

個々チャンネルに効果を適用

個々のチャンネルに効果の限られた数を適用できます。オーディオトラックの持続時間を変更する効果は無効にした場合でも、すべてのチャンネルに適用されます。

次の効果はすべてのオーディオチャンネルに適用されます:

個々チャンネルに貼り付ける

貼り付ける場合、オーディオデータはいつも既にそこにあるものと重なります。一つのチャンネルだけに挿入すると、オーディオは位相がずれるチャンネルがあります。

AVS Audio Editor をダウンロードする バージョン:  9.1.1.537サイズ: 46.83 MB

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。