Powered by

AVS Audio Editor
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Audio Editor
AVS Audio Editor
をダウンロードする
バージョン:  9.1.1.537
リリース日:  02日07月2019年
サイズ:
46.83 MB

位相解析ウインドウ

AVS Audio Editor

位相解析ウインドウはオーディオファイルのステレオチャンネルの位相差を暴露するために使用されています。そのウインドウはフロートしているので、位相解析ウインドウが上にある間に、解析を更新するために AVS Audio Editor のメインウインドウの波形をクリックすることができます。

ステレオファイルをシングルチャネルのオーディオに変換する必要がある場合、位相解析が役に立つことができます。ステレオをモノに変換するとき、両方のチャンネルの音が総計されます。両方のチャンネルの音が同相である場合、問題がありません。オリジナルのオーディオのチャンネルが異相である場合、結果のモノには、音の重大な歪みがあります。

モノに変換するオーディオファイルのチャンネルが同相かどうかを確認するために、ファイルの再生を開始して、ツールタブにある対応するボタンをクリックして、位相解析ウインドウを開きます。ウィンドウ内のピンク画像の変更に従ってください。それはより垂直方向に引き伸ばさの場合(上の図のように)、ステレオファイルの左右のチャンネルが同相で、モノに簡単に変換できることを意味します。画像は水平方向に引き伸ばさの場合、オリジナルのオーディオのチャンネルの一つを反転することでそれを修正できます。この操作が完了した後に、ファイルをモノに変換できます。

位相解析ウインドウは、ファイルを生成しているリアルタイムで更新されます。

適切なオプションを使用して、位相解析のプロパティを選択できます:

  • FFT サイズは FFT のフィルタです。次の値の間で選択できます:64, 256, 1024, 4096など16384です。値が大きければ大きいほど、解析がより正確になりますが、全体的な解析の速度が低下します。

  • 可視チャネル位相解析を実行するために使用されるオーディオチャンネルの数です。両方のチャンネルをステレオ信号の位相比較のために有効にする必要があります。

AVS Audio Editor をダウンロードする バージョン:  9.1.1.537サイズ: 46.83 MB

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。