Powered by

AVS Audio Editor
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Audio Editor
AVS Audio Editor
をダウンロードする
バージョン:  9.1.1.537
リリース日:  02日07月2019年
サイズ:
46.83 MB

ハイパス フィルター

ハイパスフィルターは、遮断周波数の下の周波数を減衰するために使用されます。 それは通常、すべてのパラメトリック フィルターのように、元のオーディオの様々な欠陥を修正するために使用されます。

音量を聞いて、前とハイパスフィルターを適用した後に音量を比較できるように、再生ボタンを使用します:



効果なし



ハイパス フィルターの適用

適用する方法

AVS Audio Editor には、すべての効果とフィルターが同じように適用されます。オーディオファイルに効果を適用することについてのステップバイステップの詳細な手順のためにここをクリックします。


ハイパス フィルターの設定

効果を適用するには、利用可能なプリセットのいずれかを使用するか、または、効果のパラメーターを手で設定します。

ハイパス フィルターの設定

次のハイパスフィルターの設定を編集できます:

  • 遮断周波数は、全周波数範囲が2つの帯域(バンドパスとバンドストップ)に分割される周波数のポイントを設定します。 遮断周波数の下のすべての周波数は減衰のカーブに従って減衰されます。遮断周波数の上のすべての周波数はフィルターで影響されません。
  • ゲインは、オーディオ信号に適用する増幅の度合いを設定します。結果の音量を増減する必要がある場合、それを使用します。増幅はパスバンドとストップバンドの両方の周波数に影響を与えます。
  • 抑制の制限オプションをチックして、 減衰カーブの崩壊を制限できます(下の棚)。減衰がそのポイントで停止して、信号がそのレベルの下に低下しません。
  • 勾配は、周波数の減衰カーブの険しさを設定します。影響を受けると影響を受けない周波数間の遷移を制御するために使用します。 高い値は、ストップバンドにある高減衰の成長に対応しています。
AVS Audio Editor をダウンロードする バージョン:  9.1.1.537サイズ: 46.83 MB

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。