Powered by

AVS Audio Editor
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Audio Editor
AVS Audio Editor
をダウンロードする
バージョン:  9.1.1.537
リリース日:  02日07月2019年
サイズ:
46.83 MB

DTMF 信号の生成

DTMF 信号の生成デュアルトーン多重周波数 (DTMF) の信号は、電話がコールスイッチングセンターに音声周波数帯域の回線回線上でシグナリング用に使用されます。そのような信号を生成するには、オーディオファイルを開くか、または新しいファイルを作成して、DTMF 信号があるファイルの一部を選択して、生成タブDTMF 信号ボタンをクリックします。次のウインドウは開かれます:

DTMF 信号の生成

次の信号のプロパティを設定できます:

音を作成するために使用する基本 DTMF 信号の種類を選択します:

  • 信号のダイヤル文字列を入力します。それは DTMF信号の指定に使用する数字、文字、特殊記号のシーケンスです。それぞれ独自のDTMF信号を決定することができる可能な文字は、1234567890abcd*# などの10桁です。
  • DTMF 信号間の一時停止をマーカーするには使用される一時停止文字を選択します;
  • 単一の信号の持続時間を設定するために、ms単位でのトーン時間を選択します;
  • 単一の信号間の沈黙期間の持続時間という ms単位でのブレーク時間を選択します;
  • 単一の信号間の休止をマーカーするために追加された沈黙期間の持続時間というms単位での停音時間を選択します;
  • 信号の振幅を設定します(%)。

また、古典的な DTMF 信号のマトリックスを使用するか、またはあなた自身のいずれかを決定することができます。DTMF キーパッドには、4x4行列があります。行列各行が低周波数を表しますが、各列には高い周波数を表しています。単一のキー(たとえば、'1')を押すと、それは、2つの周波数の正弦波トーンを送信します(697 と 1209 Hertz)。オリジナルのキーパッドは、内側のレバーを持っていたので、各ボタンは2つの接点を活性化しました。複数のトーンは、システムの多重周波数を呼び出すための理由です。DTMF 信号のマトリックスをカスタマイズして、初期値に戻す必要がある場合DTMFにリセットボタンをクリックします。

注!:信号の設定を変更する場合、そのあとでそれを使用できるように、プリセットとして保存できます。そうするには追加ボタンを使用します。

結果が正しいかどうか確認するために、プレビューをクリックします。設定を適用して、ウインドウを閉めるために、はいをクリックするか、または、変更を破棄するには、キャンセルボタンをクリックします。

AVS Audio Editor をダウンロードする バージョン:  9.1.1.537サイズ: 46.83 MB

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。