Powered by

AVS Audio Editor
このページの表示言語: EnglishFrançaisDeutschItalianoEspañol日本語
AVS Audio Editor
AVS Audio Editor
をダウンロードする
バージョン:  9.1.1.537
リリース日:  02日07月2019年
サイズ:
46.83 MB

フェィザー

フェィザーフェィザー効果は、通常自然な音に電子的効果を追加するために使用されます。

音量を聞いて、前とエコー効果を適用した後に音量を比較できるように、再生ボタンを使用します:



効果なし



フェィザーの適用


適用する方法

AVS Audio Editor には、すべての効果とフィルターが同じように適用されます。オーディオファイルに効果を適用することについてのステップバイステップの詳細な手順のためにここをクリックします。


フェィザーの設定

フェィザー効果は、位相シフタを介して周波数帯域を通過して、それを元のオーディオ信号とミックスすることによって作成されます。オリジナルと影響を受けた信号をミックスするときに、お互いをキャンセルして、位相が異なる場合ノッチを作成します。 しかし、位相が部分的に異なったら、部分的なキャンセルが発生します。原音と影響を受けた音の位相の不一致をして、それをキャンセルして、位相シフタは中央のノッチ周波数に信号の位相に 180°変更します。中央のノッチ周波数の周りにある位相シフターで影響を受ける周波数帯域は、Q ファクターによって決定されます。

フェィザー effect settings

次のフェィザー設定を編集できます:

  • 掃引帯域は、ノッチ周波数の振動の範囲(最低と最高のノッチ周波数の振動の限度)を決定します。
  • ドライ/ウェット バランスは、原音に関して影響を受けた音の量を設定します。パラメーターの値は 0%〜100% です。バランスを 50% に設定すると、原音と影響を受けた音が等しい割合でミックスされます。それを 100% に設定すると、原音がミュートされて、 0% に設定すると、影響を受けた音がされます。
  • 変調レートは、 ノッチ周波数の毎秒振動の数を設定します。そのパラメーターは ノッチ周波数が振動する頻度を制御します。例えば、パラメーターを 3 Hz に設定すると、ノッチ周波数が1秒間に3回振動します(最低の周波数値から最高の周波数値までフルサイクルを作って、最低の周波数値に戻ります)。
  • ステレオ回転は、別の値に右と左のノッチ周波数を設定して、ステレオ回転の効果を作成します。パラメーターの値は 0%〜100% です。0% の場合、回転がありません。100% は最大のステレオ回転の効果に対応します。
  • Q ファクターは、位相シフターで影響を受ける周波数の範囲を決定します。値は大きいほど、周波数帯が狭くなります。
AVS Audio Editor をダウンロードする バージョン:  9.1.1.537サイズ: 46.83 MB

AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリアルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

AVS4YOUはOnline Media Technologies, Ltd.の登録商標です。Intel および Core 2 Duo は、Intel Corporation の登録商標です。AMD および Athlon X2 は、Advanced Micro Devices, Inc. の登録商標です。Windows 10/8.1/8/7/XP/2003/Vista は、Microsoft Corporation の登録商標です。その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。